【予想的中!?】東京オリンピック2020・柔道は誰が代表候補なの?元柔道部が予想する!【次のオリンピックはこの選手だ!】

こんにちは、シンレジェです。

突然ですが、皆さんは柔道が好きですか?

実は私、柔道3段で、小学校から柔道をやっていました。

今でも柔道は好きで(観るほうが好き笑)みんなにも柔道の良さを知ってもらいたいなと思っています。

皆さんの中には

「柔道は好きだけど、オリンピック以外では見ないかな」

という人が多いのではないでしょうか。

ですから今回は

  • 柔道は好き!
  • だけど見るのはオリンピックくらいかな?
  • 東京オリンピックには誰が出場しそうなの?
  • ズバリ!メダルは取れるの?

等に該当するもしくは思っている人向けに簡単に記事をまとめてみました。

この記事では柔道好きの僕が

東京オリンピック候補

メダル候補

をズバリ予想します!

この記事を最後まで読んでいただくと、

  1. 東京オリンピックが待ちきれない!
  2. 誰が代表候補争いをしているかわかる!
  3. メダル候補も予想できる!

と思うので、楽しみにしてください!

ズバリ!東京オリンピックの代表はこの選手だ!

男子

60kg級

高藤 直寿(予想 銅メダル)

66kg級
阿部 一二三(予想 金メダル)

73kg級
大野 将平 (予想 金メダル)

81kg級
藤原 崇太郎

90kg級
ベイカー茉秋(予想 銅メダル)

100kg級
ウルフ アロン(予想 金メダル)

100kg超級
原沢 久喜(予想 銅メダル)

女子


48kg級
渡名喜 風南(予想 銅メダル)

52kg級
阿部 詩(予想 銅メダル)

57kg級
芳田 司(予想 金メダル)

63kg級
土井 雅子

70kg級
大野 陽子

78kg級
濵田 尚里(予想 銅メダル)

78kg超級
朝比奈 沙羅

以上が私の予想となっております。

いやー、かなり迷いました笑

この選手一択!という階級もありますが、二人で迷う階級が多くありました。

それでは、このように予想した根拠を見ていきましょう。

リオオリンピックの代表

一応、リオの時の代表を見ておきましょう。

男子

100kg超級 

原沢 久喜 銀メダル

100kg級 

羽賀 龍之介 銅メダル

90kg級 

ベイカー茉秋 金メダル

81kg級 

永瀬 貴規 銅メダル

73kg級 

大野 将平 金メダル

66kg級 

海老沼 匡 銅メダル

60kg級 

高藤 直寿 銅メダル

振り返れば、男子全員メダル獲得したんですね!

すごいですね・・。

感動が蘇ってきます!

女子

78kg超級 

山部 佳苗 銅メダル

78kg級 

梅木 真美 2回戦敗退

70kg級 

田知本 遥 金メダル

63kg級 

田代 未来 5位入賞

57kg級

松本 薫 銅メダル

52kg級 

中村 美里 銅メダル

48kg級 

近藤 亜美 銅メダル

女子も素晴らしい成績ですね。

それでは、リオの結果を踏まえつつ、東京オリンピックの代表候補を見ていきましょう!

東京オリンピック柔道代表候補

男子A強化選手

  • 100kg超級 原沢 久喜 小川 雄勢
  • 100kg級 ウルフ アロン
  • 90kg級 長澤 憲大
  • 81kg級 藤原 崇太郎
  • 73kg級 橋本 壮市
  • 66kg級 阿部 一二三
  • 60kg級 高藤 直寿 永山 竜樹

平成30年度のA強化指定選手はこのようになっています。

見てわかるとおり、A強化指定は日本代表チームが

最も力を入れて強化していく選手

であり、つまり

国際大会で結果を残しているということであり

オリンピックに一番近い存在である

ということを意味します。

このメンバーで昨年夏に行われたバクー世界選手権に出場しており

60kg級
高藤 直寿 優勝
永山 竜樹 3位

66kg級
阿部 一二三 優勝

73kg級
橋本 壮市 準優勝

81kg級
藤原 崇太郎 準優勝

90kg級
長澤 憲大 3位

100kg級
ウルフ・アロン 3位決定戦敗退

100kg超級
原沢 久喜 3位
小川 雄勢 3回戦敗退

という結果でした。

となると、気になるのが100kg超級と60kg級ですよね。

A強化指定に2名選出されています。

厳密な指定基準はわかりませんが、

両名とも出場の可能性があり、激しい代表争いが繰り広げられているということです!

男子B強化指定選手

B強化指定選手は、階級ごとに8名~12名ほどが選出されていますが、その中でも

よりオリンピックに近いと思われる選手を紹介します。

  • 100kg超級 王子谷 剛志
  • 100kg級 羽賀 龍之介
  • 90kg級 ベイカー茉秋
  • 81kg級 永瀬 貴規
  • 73kg級 大野 将平 海老沼 匡
  • 66kg級 丸山 城志郎
  • 60kg級 志々目 徹

等が挙げられるでしょう。

そう、皆さんもお気づきかと思いますが、上記の赤マーカーでなぞった選手は

リオオリンピックのメダリストです!

オリンピックでメダルをとっても3年経過すればB強化になる・・。

代表候補争いの熾烈さが理解できますよね。

おそらく、東京オリンピックの代表は

A強化もしくはB強化に指定された選手から選ばれることは、先ずは間違いないでしょう。

女子A強化指定選手

  • 78kg超級 朝比奈 沙羅
  • 78kg級 濵田 尚里
  • 70kg級 大野 陽子 新井千鶴
  • 63kg級 田代 未来
  • 57kg級 芳田 司
  • 52kg級 志々目 愛 阿部 詩
  • 48kg級 渡名喜 風南

という状況です。

63kg級の田代未来のみリオオリンピック出場選手となっています。

このメンバーで出場したバクー世界選手権の結果は

48kg級
渡名喜 風南 準優勝

52kg級
阿部詩 優勝
志々目 愛 準優勝

57kg級
芳田 司 優勝

63kg級
田代 未来 準優勝

70kg級
新井千鶴 優勝
大野 陽子 3位

78kg級
濱田 尚里 優勝

78kg超級
朝比奈 沙羅 優勝

こんな感じです。かなり好成績ですね!

女子B強化指定選手

B強化選手の中だと

78kg超級 山部佳苗 素根 輝

78kg級 佐藤 瑠香 梅木真美

70kg級 新添 左季

63kg級 鍋倉 那美

57kg級 玉置 桃

52kg級 角田 夏実

48kg級 近藤 亜美

こういった選手が挙げられると思います。

山部選手、梅木選手、近藤選手は、リオオリンピックの代表ですね。

考察 ~最近の国際大会結果~

グランドスラム大阪【2018年11月23日(金・祝)~25日(日)】

男子

60kg級

永山 竜樹 金メダル

大島 優磨 銅メダル

志々目 徹 3位決定戦敗退

高藤 直寿 一回戦敗退

男子66kg級

丸山 城志郎 金メダル

阿部 一二三 銀メダル

73kg級

大野 将平 金メダル

海老沼 匡 銀メダル

81kg級

佐々木 健志 金メダル

小原 拳哉 銀メダル

永瀬 貴規 銅メダル

90kg級

向 翔一郎 金メダル

村尾 三四郎 銅メダル

ベイカー 茉秋 三回戦敗退

100kg級

ウルフ アロン 金メダル

飯田 健太郎 銅メダル

羽賀 龍之介 三回戦敗退

100kg超級
影浦 心 銅メダル

王子谷 剛志  敗者復活戦敗退

小川 雄勢 二回戦敗退

原沢 久喜 二回戦敗退

女子

女子48kg級

渡名喜 風南 金メダル

遠藤 宏美  銅メダル

近藤 亜美  銅メダル

52kg級

阿部 詩 金メダル

角田 夏美 銀メダル

志々目 愛  銅メダル

57kg級

玉置 桃  銀メダル

舟久保 遥香 銅メダル

芳田 司 3位決定戦敗退

63kg級
土井 雅子 金メダル

鍋倉 那美  銀メダル

田代 未来 銅メダル

能智 亜衣美 銅メダル

70kg級
新井 千鶴 金メダル

新添 左季  銅メダル

大野 陽子 3位決定戦敗退

78kg級
佐藤 瑠香 金メダル

梅木 真美  銀メダル

濵田 尚里 銅メダル獲得

78kg超級
素根 輝  銀メダル

朝比奈 沙羅  銅メダル

稲森 奈見 銅メダル

グランドスラムパリ【2019年2月9日(土)~10日(日)】

男子

60kg級
高藤 直寿 優勝

66kg級
阿部 一二三 2回戦敗退

73kg級
橋本 壮市 優勝
立川 新 2回戦敗退

81kg級
小原 拳哉 2回戦敗退
佐々木 健志 1回戦敗退

90kg級
長澤 憲大 3位
向 翔一郎 5位

100kg級
ウルフ アロン 2位

100kg超級
原沢 久喜 2位
影浦 心 3位

女子

48kg級
近藤 亜美 優勝
遠藤 宏美 3回戦敗退

52kg級
志々目 愛 優勝
角田 夏実 2位

57kg級
玉置 桃 3位

63kg級
鍋倉 那美 3位
能智 亜衣美 5位

70kg級
大野 陽子 優勝
新添 左季 3位

78kg級
梅木 真美 3位
佐藤 瑠香 5位

78kg超級
素根 輝 3位

このような感じになっております。

グランドスラムデュッセルドルフ【2019年2月22日(金)~24日(日)】

結果は下記のとおりです。

男子

60kg級
永山 竜樹 金メダル

66kg級
丸山 城志郎 金メダル

73kg級
海老沼 匡 銀メダル
大野 将平 金メダル

81kg級
藤原 崇太郎 金メダル

90kg級
ベイカー 茉秋
村尾 三四郎 銀メダル

100kg級
飯田 健太郎 金メダル

100kg超級
小川 雄勢
原沢 久喜  金メダル

女子

48kg級
渡名喜 風南 金メダル

52kg級
前田 千島 銅メダル

57kg級
芳田 司 金メダル

63kg級
田代 未来 金メダル
土井 雅子 銅メダル

78kg級
濵田 尚里

78kg超級
朝比奈 沙羅

素晴らし結果ですね。

男子に関しては、60kg級と66kg級はほぼ2強で、どちらが出場しても結果を出してくれそうな勢いです。

平成31年全日本選抜体重別選手権大会(2019.4.6-7)

男子

60kg級

永山 竜樹 金メダル

志々目 徹 銀メダル

(高藤 直寿 不参加)

66kg級

丸山 城志郎 金メダル

阿部 一二三 銀メダル

73kg級

大野 将平 金メダル

橋本 壮市 銀メダル

81kg級

永瀬 貴規 金メダル

藤原 崇太郎 ベスト4

90kg級

向 翔一郎 金メダル

長澤 憲大 銀メダル

ベイカー茉秋 ベスト4

100kg級

羽賀 龍之介 金メダル

ウルフ アロン 銀メダル

飯田 健太郎 ベスト4

100kg超級 

原沢 久善 金メダル

王子谷 剛志 ベスト4

 

女子

48kg級

渡名喜 風南 初戦敗退

近藤 亜美 初戦敗退

52kg級

角田 夏実 金メダル

志々目 愛 銀メダル

(阿部 詩 不参加)

57kg級

芳田 司 金メダル

玉置 桃 銀メダル

63kg級

田代 未来 金メダル

鍋倉 那美 銀メダル

70kg級

大野 陽子 金メダル

新添 左季 銀メダル

78kg級

濵田 尚里 金メダル

佐藤 瑠香 銀メダル

78kg超級

素根 輝 金メダル

朝比奈 沙羅 銀メダル

順当な選手の勝ち上がりですかね。しかし、まだまだ混戦の模様です。

永山選手、丸山選手は結果を残し続けているいる印象なのでアピールできていそうです。

素根選手はいいアピールになりましたね。

平成31年全日本柔道選手権大会(2019.4.29)

優勝 ウルフアロン

準優勝 加藤博剛

3位 太田 彪雅

3位 小川 雄勢

100kg級のウルフ選手が、日本一に輝きました。

絶好調でしたし、代表へ大きなアピールとなりました。

まとめ

これまで、強化選手と国際試合の結果及び代表メンバーを考察してきました。

最後に各階級についてまとめたいと思います。

男子60kg級
この階級は完全に高藤選手と永山選手の一騎打ちでしょう。
どちらの選手も国際大会で金メダルを獲る実力者です。
今は永山選手のほうが「負けない」印象が強く、高藤選手はグランドスラム大阪で初戦敗退を喫しており、このような「ミス」が選考にどう響くかがカギになりそう。
永山選手は「すさまじい体力の持ち主」であり、若いので勢いもあります。しかし、私の見解では高藤選手の「経験」がやはり重要となってきて、最終的には代表に選ばれるのではないかと予想しています。

男子66kg級
この階級はもう阿部一二三一択でしょう。ケガでもしない限り、ほぼ阿部選手が代表だと予想します。最近国際大会で負ける場面がありますが、本番までにはうまく調整してくると思いますし、それができる選手です。

男子73kg級
大混戦の73kg級大野、海老沼、橋本、3選手の三つ巴となっているこの階級は、まさに勝ち続けたほうが東京の切符を手にすると思われます。実力は拮抗していますが、何といっても大野選手の経験が魅力。階級を上げた海老沼選手も五輪の経験はあるが、30歳を超える年齢面で体力に不安が。橋本選手は最近最も結果を残しているため、大野選手との直接対決で勝利を収めれば代表が見えてくる。しかし、簡単に食い下がらないのが大野選手の精神面の強さ。負けん気の強さが橋本、海老沼両選手との接戦をものにし大野選手が再び代表になると予想。

男子81kg級
この階級は、本当に難しい。国際大会で結果を出している藤原選手が一歩リードか。リオ五輪メダリストの永瀬選手もいるが、もっと結果を残さないと、年齢的にも厳しくなってくるか。佐々木選手という若手も結果を出したが、続けて結果を出し続ければ、代表争いに絡んでこれそう。

男子90kg級
この階級も、本命不在の中で、ベイカー選手と長澤選手の2に若手の村尾選手がどう入っていくかが見もの。やはり、金メダリストという経験が大きいか。

男子100kg級
ここはウルフ選手一択でよさそうだ。国際大会の結果も申し分ない。

男子100kg超級
この階級も難しい。小川選手がかなりの追い上げできているが、原沢選手が一歩も譲らないといった感じ。王子谷選手は国際大会であまり結果を残せておらず、このままいけば、経験もある原沢選手が金メダル奪還のため五輪出場を果たしそうな予感

女子48kg級
この階級は渡名喜選手か近藤選手かで迷ったが、勢いと結果を出している渡名喜選手を予想した。国際大会での金メダルをとる勝負強さが選考のカギとなるはず。

女子52kg級
ここは阿部選手と、志々目選手で迷うところ。しかし、兄弟そろって若さとい勢いのある阿部選手を予想。すごい攻撃的な柔道をし、強い相手にもひけをとらない精神力の強さもある。

女子57kg級
ここは芳田選手一択で。内股のキレがよく、国際大会の結果も申し分ない。調整ミスさえなければ金メダルもねらえるはず。

女子63kg級
この階級は混戦の模様土井、田代、鍋倉、3選手が候補に挙がるだろう。しかし、国際大会で続けて結果を出している土井選手が接戦を制し、代表の座を獲得すると予想。

女子70kg級
ここも大混戦新井、大野、 新添、3選手の三つ巴と言っていい。その中でも新井、大野選手が結果を出しており、代表に近い。最近結果を出した大野選手を予想に挙げるが、この階級の代表争いは熾烈だ。

女子78kg級
ここは濵田選手でよさそう。佐藤選手や梅木選手もいるが、圧倒的に結果がよいのは濵田選手である。

女子78kg超級
ここも朝比奈選手と見ていいだろう。若手の猛追もあるが経験で朝比奈選手が一歩リードか。恵まれた体を生かしメダルを狙ってほしい。

以上のように予想しましたが、みなさんも、オリンピックまでの国際大会を見るなどして、代表を予想し、東京オリンピック柔道競技をより一層楽しみましょう!

コメント